京都 八百屋の上の整体ノート 神戸 印度屋の上の整体ノート メンタルヘルス 忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
先日、小学生低学年の子供さんで落ち着きのなさや、集中度合い、発達度合いが気になるために
通われている親御さんから最近字を書くのがうまくなったと聞きました


整体に来られる折に何回か言われていたのでどんなもんかと
それ今度見せてとお願いしてもってきていただきました

整体では別に字がうまくなるようにしていたわけでなく
指や手を整体していたわけではありません


一枚目の写真が5月最後のが10月などで5ヶ月の間での変化です

5月以前はマスから字がはみだしたりで何度も消しゴムで消して
ノートが破けたりノートが汚くなっていたけど最近のはそうでなくなったと言われ
そういう点でも違いがあります。

整体的にみると文字に軸ができてきたと感じます。
おおまかにこの子供の体の軸ができつつあるのに伴っています。
空間のバランス上下の文字もバランスなどが整然としてきた印象です。
余白がきれいにとれていることは俯瞰的に捉えられていることになります。

それと5月頃の字はえんぴつに力が入っているのがわかる字体ですがじょじょに必要なだけの
力加減で書いているように思います
ハネやら払いやら強弱や自然な動きがでてきた感じで
極端な話 手をグーにしてくれよんで書く線と筆を支えるように持つ指で紙に墨を引く違い

7月頃にはお母さんから落ち着きがでてきた時がある、と報告がありました

ADHDや発達障害、運動障害、言語障害、それに近い状態のこどもさんが
増えて来ていると思います。
一昔前にいわれていた学級崩壊というわれるものにその走りがあったように感じ
その下地にこのような病名がつくような子供の心体の状態があります。
整体でこのように変わるようにADHD、発達障害は心と体の状態で
字が書けないとか集中できないとか気になる問題そのものを見る他にもより大きな生命を見る世界から変わりうるものです。

全国的に多い訳でもないようなので
ADHDや発達障害、運動障害、言語障害など新生児、幼児から積極的に見ていきます




 


 
親御さんのご了解を得てのせさせてもらっています

ここでいう整体とはこちらで施術する整体を指しています
PR
うつ病について最近読んだ記事です

脳神経外科の松井孝嘉さんという方が新型うつ(一部のうつ病にたいしての新しい見解)としてその原因を精神疾患によるものでなく
首が原因であると学会を発足したそうです

目に留まったのは
低周波治療 電気針治療が有効だという見解、頚筋症うつと呼ぶそうですがこのようなうつでは薬を処方されてもほとんど回復しない指摘している部分

常々 体からの心へのアプローチということを言っていましたが
医学の世界でもこのような動きがあると従来の精神安定剤で大丈夫という一般の方の認識も変わっていくような気がします

頚など肉体的な部分のなんらかの不具合が精神面に影響を与えているという見解がすこしずつ理解されてきているのかなと思います
整体的にみたら肉体的に起因するうつ病が頚に限定されたことでないと感じているのですが
(肋骨を打撲してからパニック障害になる方や自転車事故から自律神経失調症と診断される状態のかたが整体に来られたりします)

気分を高揚させる薬と元気になった感があるというのは似ていて
海外に住んでいたとき合成麻薬をする友人がうつ病の薬をあれは似ていると言った言葉に重みを感じました。


参照http://www.j-cast.com/2012/02/19121144.html?p=all

症例 ムズムズ症候群 30代 女性 

ムズムズ症候群 体がむずむずする感覚があるそうです 今 二人ほどそれが主な訴えでこられていかたをみていますが

昔から感覚的表現でアリが這う感じを比喩して蟻走感といいますが
それにも近いかんじもあったりするように思います

主に下肢にでたりして下肢静止不能症候群とも呼ばれているそうです

ぴりぴりとかしびれとか種類や感じる箇所もその時々により変化し 睡眠時によくわかるとのこと

いずれにしても不快感 痛みとして現れ、症状がじみに聞こえ、しっかりと取り扱ってもらえないこともあるようですが問題はその体の状態で

そう感じていることが体の異常状態であること

ご本人はむずむずが気になるという表現や感覚でしか言わないが心体はもっと不具合を感じて
います 

このかたのケースでは不眠症で薬を服用している状態でした

ほうほうの調整で3回目くらいにはすんなりと薬なしで寝てみようという気持ちがおき、週に何回か睡眠薬なしに寝れるようになったと言われ、5回目にはその回数がふえている状態

現段階 前回では当初のムズムズ感を100パーセントとすると今は20パーセント程度になったとのことです

原因が特定されていないとのことで、このたぐいの病気もこれから増えていくこととおもいます
病気と病院の狭間でも整体というものが力を発揮することもある
もっとこういうかたをみていけたらと思います


参照 ムズムズ症候群について ja.wikipedia.org/wiki/むずむず脚症候群
 パニック障害 これも体と心のつながり 関係をおしえてくれる

30代男性 

この方のケースでは大きなものが倒れて肝臓、腎臓をカバーしている右の肋骨を骨折しそれと同時期に体の同じ側 右をメインに

動悸 目の乾き 違和感 ふらつき 眠りの浅さの症状

がでたそうです

腎臓 肝臓は目と密接に関連しています

内臓 筋肉や骨へのダメージがある種の自律神経のバランスに影響を与えたケースに思います


1週間前にはじめてこられて 今日2回目 

初回の整体を受けて3日目から調子がよくなりめまいがなくなったそうです

動悸のほうは波があり変化は整体のせいかどうかはわからないがめまいは常にあったのでそれが

よくなり、体の変化を実感されたようです


一般的には気分障害のようにとらわれがちですがこの方はスポーツマンタイプでしっかりした方である大きなきっかけが体に起こればだれにでもおこりうる症状です

その大きなきっかけの結果を和らげていくことが整体だったりします

具体的には筋膜のねじれや癒着 滞っている箇所 体の不具合に密着する感情の滞りを解いていきます 
 本屋のウィンドウディスプレイにあったタイトル

最近こういったたぐいの本が多い 頑張らない生き方 など

逆にとればそれだけ 比較する世界、頑張ることを要求されている世界ということ

そういう世界で頑張ることをしないというのはすごく エネルギーがいる 

くたびれている人はエネルギーがない状態 

頑張らないということに頑張る こともエネルギーがいる だからそういわれてもうまくいくわけがない

  おおよその体の異常はまず 感覚の異常から始まり、機能の異常へと移り 最終的に器質の異常となる

これは民間療法からエッセンスをとりだし独自の調整法、操体法を作った橋本敬三医師が言われたこ

とばです

わかりやすくいうと初めはなんとなくおかしいなとか体がいつもと違うなと感じます

次に痛みなどの不具合として感じ やがて病名をつけられるような外からでもわかるひどい

状態になる

うつ病、自律神経失調症などや気分障害でも当てはまる

感覚をいい状態に取り戻す →機能の変化を促す →機質の変化を止める(戻す)

表層から深層へと向かうものを確認しやすい表層から変えていく

立派な学問の一つのセオリーだと思っています

整体という皮膚を介して呼び起こそうとする原始的感覚


798860896_a92648d6d3_m.jpg



 赤ちゃんのおしゃぶり なだめるのに使ったりします

禁煙パイポ タバコを吸うのをなだめるのに使います 最近は電子タバコに変わってきていますが

口元がさみしい よく禁煙中の方がいうセリフです

タバコをすいたいのでなくそのしぐさをしないと落ち着かないということです

赤ちゃんのおしゃぶりもそう しぐさや癖が気分を落ち着かせる

共通点としてどちらも格好やしぐさ、感触を似せて体の要求 (タバコを吸いたい、お母さんのおっぱい

を欲しい)を解放しています

マッサージや按摩、鍼灸、整体などが心の不調に働きかける一面として皮膚や筋肉を楽な、健康な状態に近い状態にすると

心が楽になるケース

これは同じ原理です 




freediving_line.jpg フリーダイビングというものがあります

(種類はいろいろありますが)その一つに海中に息を止めてどれだけ深く潜れるかを競うものがあります

レオンなどで有名な監督リュックベッソンの映画でグランブルーの話もこれです

1949年の世界記録 30M 1998年の世界記録137M

これをみて想像するのはたかだか50年で人が進化したとみるより

個人の技術の進化だと思います

この競技はしごく単純 ロープ状のものにつたい息をすい潜水!

つまりここでいう技術とは心(恐怖心 落ち着かせる 抑制するなど)の扱い方の洗練ではないでしょうか?



月経前症候群(PMS)と呼ばれるものがあります

女性の方はご存じだとおもいます。

最近 女性のサイクルに関する問題が異様に多いとおもいます

問題があることが当たり前になっているくらいに生理の時になにかしらの不調をもっている

PSMの問題は月経時に心がすぐれないことがあげられます

つまり体の問題が心に影響しているパターンです

当院で自律神経やうつ症状のかたを見ますが

その行為がマユツバものにみられたり 整体でこころの問題が解決するの?といった見られ方が一般的なと

らえかたでしょう




プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]