忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
小学生の男の子

遊んでいて横にダイブして腰の横側を地面に強打したとのこと。
写真の左側でわかりますが腰の骨が大きくずれてしまいました。
結果バランスをとるように左肩がひっぱられ下がり首のほうまで影響がでている状態でした。
右の足首をみると内側のくるぶしが内側に倒れこんでいるのがわかります。



写真は本人、親御さんの協力を得て掲載しています。


このように身体は全体でバランスをとりその衝撃をいなそうとします。
言い換えると一箇所の変動は体全体へとしわ寄せがいきます。
子供は大人よりはるかに柔軟性があるのでほおっておいても数ヶ月後にはある程度
(痛みがなくなるなど) 
よい状態へ戻ろうとするのですが残った歪みは後々問題を引き起こすケースがほとんどです。
例えば中学生、高校生になってスポーツをしはじめて腰痛になる、足首をひねりやすい体になり
怪我をしやすいようになる、
大人になって腰痛持ち、腰椎ヘルニア、膝痛、坐骨神経痛に発展するなど。
大切なの打撲や骨折、捻挫などした時すぐに(その日から一週間以内)にしっかりと
体を整えておくことです。






PR
猫背 (小学生)

姿勢が気になる、疲れやすく体力的に気になるなどで整体に来られました。




  整体はじめの頃          最近の状態

受け始めの頃は
頭が首より前に出て背中が後ろに丸まり骨盤が前に出ている状態です。
(横から見て耳、肩、骨盤、くるぶしを線で結ぶとジグザグになるのがわかります)
整体に通われて最近の様子は比較的まろやかになっています。
結果、踵よりに重心が偏っていたのが足裏全体に体重が乗っかる安定した立ち方をしています。

よく短距離走で最後に息が切れると顎を突き出して走ることでもわかるように
集中力を含め、体の能力を効率よく使うことと体のいろいろな部位との位置関係は
大きな繋がりがあります。


姿勢というと背中の丸みなどが目にいきやすいですが
首の骨と頭の位置関係が負担のかかっている(顎が突き出していたり、頭の位置が前にでている状態)ケースが早めに見ておくとよいケースだと思います。

年配の方もですが特に子供は筋肉も骨格も成長の過程で支えるということも同じだけ未発達で
不安定さがあたりまえの時期です。
その時期によりよい位置関係に誘導して次の成長段階へとすすむことが理想だと感じます。
ですので子供のねこ背や姿勢の悪さを気にするケースでは強い圧で矯正することはほとんどなく
自然と力が抜けた時にスッと立てるような整体を心がけています。





-HOME-
プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone