忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
すこし前になりますが
胃下垂で胃の調子が悪くなんとなしにと整体に来られた女性の方

腹部を調整していたりすると私、胃下垂なんですと言われるかたが結構います


社会的に責任ある立場や仕事につかれている女性が増え
30代から50代くらいに増えた体の感覚だと思います

働く女性に喫煙率やお酒の飲む度合いが多くそれとも関係しているとも思います

こちらの整体でもそうですが欧米で発展した内臓調整などでも大切にしているのは
各内臓がもっている固有の動きの状態です

腸の動きの蠕動運動(しゃくとり虫のような動きといったら伝わるでしょうか)はけっこう
知られていますが
心臓の鼓動もそうでしょうしほかの臓器もそれぞれの動きがあります


胸やお尻、顔の皮膚が年で下がってくるのと同じで
内側も重力で時間と共にさがってくるのはある意味当たり前なのですが
その中でもよりよい動きを作ることはできます

胃下垂=胃の調子が悪いだけでなく
多くの胃下垂だといわれていたり自覚されている方で胃腸の調子が悪くても
胃の動きなどにそれなりに動きがついて下垂自体が若いころのような位置になくても
調子がよくなりケースはあります
(これらは密接につながっているので結果、下垂が改善することも当然あるのですが)


食べ過ぎたあと胃がもたれたり、緊張して下痢になったりと
胃と腸というのは心と体の言い分をすぐに教えてくれる
子供のような素直さを持っている臓器とも言えます

だから大人だからこそ求められる無理強いなどには一番に反応するんだと感じます



PR
今日は京都にお住まいの韓国のご夫婦の方がこられた

旧正月に帰国しあわただしくしていて、風邪などをひいてその頃から胃にガスがたまり背中に不快感がある

しばらくほっとけばよくなるかと様子みたが10日ほどしてもよくならずにそのあと4日ほとしてだいぶ楽にはなったがまだ気持ち悪く、整体をためしてみたいとのこと 

今の時期は胃腸に不快感がでたり 不調になる時期です

ストレスで胃がやられたなど感情の面が内臓に影響を及ぼす部分で一番なじみがある胃

不調や痛みなどはあやとりの糸のように様々な要因がからみあって なおかつ 引っぱりあっています

その引っ張り合いがバランスをとって緊張を保って 形がつくられているように

体でも不具合があってもその形で一応 バランスをとっているから痛みもなくやってこれた というケースがほとんどです

そのバランスの糸は感情であったり環境であったり体の状態であったり

その状態でどこかひとつ突出すると不具合が表に現れたりします

このケースではばたばた忙しくストレスにさらされていたことがおおきな要素となっていたと思われ

ますが その要因はすでに体に前からあったということを説明し 胃だけが見るべき状態ではなく

婦人科系統や泌尿器系統もみていきながらの施術で、くる前よりはだいぶ楽になったとのこと

大切なこと=整体ですることは 
糸の緊張で例で例えると 糸同士にある程度のゆとりも持たせ 糸そのものにも弾力
がある状態にしておくことです





 いびきをかく方は内蔵の疲れからくることが多いです

普段 いびきをかかなくてもいつもより疲れてたりするとその日にいびきをかいたりしますが


慢性的に毎日いびきをかくなんて人はまず内蔵の疲れを疑っていいとおもいます

なかなか自分でいびきにたいする対策をしよう

にも呼吸器をあける鼻につけるものや商品がうっていますが効果はいまいち


-HOME-
プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone