京都 八百屋の上の整体ノート 神戸 印度屋の上の整体ノート 忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
脳震盪について
動画は元アメフトで生物工学者であるかたの脳震盪についてのお話です。
スポーツでの外傷や自転車の店頭での脳の内側の衝撃はへ雨rメットでは守りきれないとこちらのかたは伝えております。
こちらの整体院でのホームページでのむち打ちのページでも説明してありますが
http://www.ease-garden.com/pg136.html

お腹の内臓や脳は柔らかく水の袋のようなものです。
そのような弾力があると外から来た衝撃は時間差で中心へとちからを伝えていきます。
水を入れたコップの縁を叩けば波紋が内へ内へと広がるのも
津波のメカニズムも一緒です。はじめの起こりより時間が経つにつれて力が加速していきます。

ヘルメットは頭蓋骨を守る為のもので内側の保護の設計ではないとこの方が述べているように
なかなか内側への力をいなすというのはむずかしくなります。

動画の中ででている内側の一番インパクトがかかる場所である
右脳と左脳を隔てている硬い繊維である大脳鎌付近に右脳と左脳を繋げる神経組織である脳梁
があり慢性外傷性脳症の方の脳梁が萎縮している画像はいかに人のからだの大切な部分へダメージを与えるかがわかるかと思います。

これを考慮すると脳震盪について1で紹介した映画 concussion でアメフトプレーヤーたちが度重なる衝撃で脳の内部にダメージが蓄積して結果、肉体的だけでなく精神的にコントロールがきかない状態になることも納得がいくかと思います。

次回はこのような内が内側のダメージにたいして整体的にどのようなケアができるかをお話したいと思います。



PR
春日和でここ最近のあたたかさと共に花粉症の季節になりました。

整体的にみた体は春は頭部の変化がわかりやすくでる季節でもあります。
花粉症の症状が目のかゆみや鼻水、頭痛や集中できない、眠気など頭部に関係する
症状がでるのは頭の変動という側面が大きいと思います。

アレルギーの調整や花粉症の為に整体に来られたわけでもなくてもこちらに整体を受けに来られて
何年かしてそういえば毎年の花粉症がなくなったといわれる方が結構多くおられます。



春の変化は頭部が緩む感じや引きしまらなく頭の内側の体液のコントロールが緩慢となる感じです。
その反応は決して悪い意味合いだけではないのでそういう時期にはしっかりと溜め込んだものを出していく、身体全体が変動に合わせて均一化していくことが大切です。

ですので食べ過ぎ、飲み過ぎなどはこの時期は特に気に留めておくと花粉症の方も経過がましになる方向に向かいます。

頭がぼーっと集中できないような感じの方はこの時期に整えておくことを勧めます。


脳震盪について
TEDというメディアで取り上げらてれいる
一人の神経心理学者の方からみたわかりやすい脳震盪についての意見がみれます。

去年の秋から京都院、芦屋院共に車の事故でその後むち打ちになったり、頭痛や腕、指のしびれ、倦怠感、なんとなく
だるく調子が悪いなどの症状でこられている方が何人かおられます。
出血や骨折にならない衝撃が時間が経ち身体に与える影響は大きいです。




こちらでみれます。 ted 脳震盪 日本語字幕付き

35G程度 自動車事故
58G程度 ボクシングのヘビー級のパンチ
100G程度 アメフトでの転倒
未成年の脳震盪の回復は大人のそれにくらべ三倍かかる
だそうです。

この方も指摘されているように後遺症にならない程度の脳震盪では脳は回復力のあるのですが脳震盪を複数回経験した蓄積の問題はまだしっかりと解明できていないと。

整体的には衝撃の回復は短期間で問題のでない程度に回復するといったほうがより的確な気がしてきます。
もう一つはそれが筋肉を硬直させいわゆるむち打ち症の体になってしまうことが挙げられます。

最近はよく見かけますが自転車を乗ったこどもさんのヘルメット着用は完全には脳震盪になる衝撃を防ぐことはできませんが表面を覆う骨などを守ることはまちがいなくできますので
そのような心構えは必要かと思います。

明けましておめでとうございます。

一年よい流れを創っていきましょう。
今年は子供の整体をより積極的にしていけたらと思います。


個人的な思いとしては昨年のクラニオセイクラルセラピーでの研修で受け取ったものと
整体院という形でどのように自閉症の子供さんをみていけるか模索していたものに
ひとつヴィジョンがみえてきたので、これから少しづつでも形作っていけたらと思います。

子供の整体をやっって10年以上経っているのですが
adhd(注意欠損多動性障害)やsensory processing disorder (感覚統合障害)のケースを一見問題がない子供さんの中にも見受けられるケースがあり自然な形で変化しうる整体のアプローチをしていけたらと思います。



イースガーデン 横森


ここ数ヶ月あっというまに過ぎ年末になっていました。
今年はなかなかブログも更新できず来年はもすこし書いていけたらとおもっています。

年末年始は12月31日から1月4日までおやすみとなります。
年明けぎりぎりまで整体をしきって新年を迎えます。

イースガーデン 横森


普段整体を親子で受けられている方からの相談で
最近飼いはじめた子犬のチワワの体調が気になって動物も整体ってできるんですか?
と聞かれました。

結論から言うとできます。
とくに哺乳類は人に近いので反応も人のそれに近いです。

今まで馬、犬、鳥などの整体をしたことがありその種類によって特徴をつかむのに時間は
かかりましたがそれぞれしっかりと客観的な変化がでてきます。

相談されたチワワは生まれて数ヶ月目で症状として
食べた後むせこむ、水を飲んだ後5−10回くらいオエーとなっている状態だったようです。

試しにうけてみたらと提案して整体をしました。

こちらに整体を受けた後の様子をメールでいただいたのでそのまま載せさせてもらいます。
ご家族の了承を得てのせさせてもらっています。

もう変化ありました。早いですね。

まず、よく寝ています。いつもは寝ていてる時でも人が通ると顔を上げるのに、熟睡しています。

あと、水飲んだ後にオェーッと5~10回ぐらいするのが、今日はなかったです。

また時々連れて行こうと思います



昨日もよく寝ていました。夜は水飲んでオェーッとしていましたが、前ほど頻繁ではないように感じるので、観察続けます。何度か整体してもらっていくうちに改善されていくかもなという印象です。

他に気づいたことは、ごはんを食べる時に、フガフガガツガツ食べてよくむせ込んでいたのが、落ち着いて食べてむせ込む様子もなかったです。呼吸が楽になったのか、お腹が楽になって空腹感が減ったのか、何かが変わったのでしょうね。




脱臼しやすい、食欲がない、食べるとむせる、戻す、、下痢ばかりしている、慢性的に元気がない、異常に恐がっている、小型犬の場合はハイパーテンションで落ち着きがないなどが
よくあるケースでこのようなケースが体のどこかに不具合を持っている状態であることがほどんどです。
もし飼われている動物で気になることがありましたらご相談ください。


運動会の季節が終わりました。
この時期は子供さんの転倒、捻挫や打撲のかたが多く来られます。
特に芦屋も京都も組体操の練習でというのが毎年恒例です。

その中でも今回は頭部の打撲について

ちょうど一年前に関大のアメフト部の高校生が試合中の顔面部の衝撃で数日後に亡くなられた出来事がありました。
脳震盪、頭部の打撲についてその頃からずっと書きたかったことを何回かに分けて書いていこうと思います。

実話がもととなる話でハリウッド映画でウィル スミスさん主演の concussion (コンカッション)という映画が一昨年公開されました。(日本でもdvdで観れます)
実話がもととなる話
頭部への衝撃がある競技・ 空手、相撲、レスリング、、ラクビー、アメフト、アイスホッケー、ボクシング、サッカーなどでしょうか。
これらをやられているご本人、やっている子供さんをもつご両親には観ておいてほしいと思います。

concussion 日本語で脳震盪の意味です。 

下にあらすじをのせておきます。

コンカッション』(Concussion)は、2015年アメリカ合衆国の伝記・スポーツ・ドラマ映画である。監督・脚本をピーター・ランデズマン英語版が務め、主演をウィル・スミスが務めている。ナショナル・フットボール・リーグの選手たちと慢性外傷性脳症との関連を発見した医師の実話に基づいている[3] wikipedia 参照




NFLプレーヤーの頭部の打撲に起因する精神疾患や体の不調を脳細胞の組織から関連性を特定してそれを否定するNFLの組織と戦う一人の医師の話です。



慢性外傷性脳症(CTE)

度重なる頭部への衝撃のダメージが脳そのものに器質的な変化をもたらし
その症状として生理的変化や精神的な変化にまでいろいろな症状が出ます。

先に挙げたスポーツをされている方は程度の差はあれCTEになり得る可能性があります。
整体的にみてもそれほど頭部の衝撃は根深く、後にひきずります。

映画の中で主演の医師が死後、解剖して脳組織を調べて健常な脳細胞と違うことを発見しました。
これはctスキャンやMRIでは確認出来なかったゆえにいままで因果関係が認められなかったそうです。

亡くなられた関大の高校生アメフト選手もなくなるきっかけとなった試合の数日前に頭痛を
訴えていたそうですが医師は亡くなった要因と関係はないと結論づけたようです。
首までは鍛えられても頭部は鍛えられません。
そのことは強く指導者、ご両親やコンタクトスポーツに携わる医師には理解してほしいものです。
身体は記憶も記録も蓄積もします。

アメリカやイングランド、フランスなどの国では10歳以下の子供のサッカーのヘディングは禁止しているなど対策がされていますが日本ではどのコンタクトスポーツからもそのような話は聞きません。

日々新しい事実が生まれる中でその事実を現実に組み入れて新しい形を創っていく。
とりわけ成長途中である子供のコンタクトスポーツに対しては必要だと思います。











8月26日〜29日まで海外研修の為休院になります。

今回も韓国 ソウル市での研修、5−6年ぶりでしょうか。
小児に特化したクラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)の研修となり
前からずっと行けたらと思っていた内容なので楽しみにしています。

当院では開院より子供さんの身体を見ることを
積極的にしておりましたが少しづつ浸透してきここ5ー6年、より子供さんを見る機会が増えており良いタイミングで行けることとなりました。


身体の成長、老化と人の健康は一般に思われている以上につながっており
人の成長の中でもめまぐるしい変化を経る幼児期の現象は後に大人になっても身体の良し悪しのベースとなる大切な要素そのものだったりします。

このような経験が日々の整体に循環していくことも楽しみにしています。




ゴールデンウィークは通常通り開院しております。


先日不妊症で整体に通われていた方から妊娠をしましたとメールをいただきました。
改めて女性の妊娠について書いてみたいと思います。
ご本人に許可を得て下記に紹介させていただきます。

整体からの見立て

若い頃から無月経や生理不順など婦人科系統の調子はいまいちな状態でご結婚をされて
なかなかできずご自身の体質的なものを見直すことをいろいろやる中でこちらの整体に来られました。長時間のデスクワークの仕事もされている方でしたので頭の緊張が慢性的な状態。
不妊症の方の多くに見受けられる冷え性もしっかりありました。

日常生活での過ごし方のアドバイスと共に整体を定期的に受けて徐々に印象が変わってきました.
具体的にはぱっと見顔の緊張が取れて朗らかな、柔和な印象になっていきます。

不妊症に対しては医療機関も日々新しい技術などもあり情報も様々なので
どう向き合うかは各ご家庭の意向が大切だと思います。
その中で医療機関で中々みない体の基礎を見直すことは整体が常日頃からしていることで
ここをしっかり整えることで生理不順、生理痛の解消、その先になかなか子供さんができにくい
傾向を修正していく方向に仕向けていきます。

こちらの整体で不妊症の方の相談でやっていくことは一貫して女性の方が本来持つ力を邪魔している要素を取り除くことです。過度な緊張状態、肉体の酷使、怪我や病気などの古傷による体の記憶をケアする、成長の滞りを通りよくするなどです。

妊娠を考えていて土台として自分の体の基礎を整えることをしてみたいと思われる方はご相談ください。








ご無沙汰しております。

昨年お世話になっておりました、Hです。

しばらく伺えておりませんでしたが、体調不良等で京都に帰る機会を逃しておりました。
そして、昨年末に子供を授かったことがわかりました。
今は無事に安定期を迎えてほっとしております。

ここまでたどり着くことができたことを嬉しく感じておりますし、非常に感謝しております。

ご挨拶に伺いたかったのですが、東京で出産する予定で、京都に帰る予定も不明なので、失礼を承知ながらメールにてご報告させていただきます。

これまで本当にありがとうございました。まだまだからだは不調もあり、産後はもっと苦しむこともあると思いますが、これまでいただいたアドバイスもしながら頑張っていこうと思います。



 左が整体前           右が整体後


就職前に前から気になっていたO脚を良くしたいと来られました。
5回の整体でひとまずよい感じになったのでのせておきます。

整体を受けてから3回目あたりで友人から脚がほそくなったと指摘されたようです。
日本人の多くのO脚が股関節のねじれが関係しており体液の循環がスムースにいかずむくむケースがあります。
このケースでも当てはまっており脚の間の感覚も変わったのですが併せて脚の太さも徐々に
引き締まってきました。
膝頭が(特に右足)外側に向いたようなねじれが見受けれます。
見えにくいのですが、そうすると筋肉や皮膚も引っ張られてアンバランスな形を作り出して
膝回りの凹凸の印象が違ってみえてきます。

あとは腰の横(大腿骨)の出っ張りが股関節のねじれの修正に併せて中心にかいったので
スカートをはかれたてきたのですが印象が大分かわってみえご本人も喜んでいました。
骨格や筋肉などが本来収まるべき位置にないとそれだけで体液は停滞します。

学生時代の運動の影響と思われる上腕、手の指の慢性的な緊張も解けて力を抜いている状態での
手の甲の角度や指の縮こまりもより自然になっています。

体に軸ができると見た人の心証も違っていくので就職活動前に来られるなどは若い世代の人がご自身の体と向き合うよいきっかけだと思いますので気になるかたはご相談ください。

新しい年になりもう一ヶ月がすぎました。

新年の挨拶もできませんでしたが
ようやく落ち着き今年を思える時間がつくれるようになりました。
一年という単位が窮屈というか追いつけない感じで
向こう3年くらいを思いながら整体をしています。

時間の流れは身体を元に刻まれていると年を経るごとに強く思います。

これからの数年も楽しみながら整体をしていきます。


いつのまにか31日になっていました。
世間も自分自身も時間の流れが早く感じています。

年始は4日から開院となりますが年始は立て込み新規の方は予約が取りにくい状況です。
早めにご連絡いただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

イースガーデン 横森
小学生の男の子

遊んでいて横にダイブして腰の横側を地面に強打したとのこと。
写真の左側でわかりますが腰の骨が大きくずれてしまいました。
結果バランスをとるように左肩がひっぱられ下がり首のほうまで影響がでている状態でした。
右の足首をみると内側のくるぶしが内側に倒れこんでいるのがわかります。



写真は本人、親御さんの協力を得て掲載しています。


このように身体は全体でバランスをとりその衝撃をいなそうとします。
言い換えると一箇所の変動は体全体へとしわ寄せがいきます。
子供は大人よりはるかに柔軟性があるのでほおっておいても数ヶ月後にはある程度
(痛みがなくなるなど) 
よい状態へ戻ろうとするのですが残った歪みは後々問題を引き起こすケースがほとんどです。
例えば中学生、高校生になってスポーツをしはじめて腰痛になる、足首をひねりやすい体になり
怪我をしやすいようになる、
大人になって腰痛持ち、腰椎ヘルニア、膝痛、坐骨神経痛に発展するなど。
大切なの打撲や骨折、捻挫などした時すぐに(その日から一週間以内)にしっかりと
体を整えておくことです。






先週の芦屋院でのクラニオセイクラルセラピー簡易講座
参加者、私自身もとてもよい時間を過ごせたように思います。


いままでの中で一番の大人数でしたが、心地よい張り詰めた空気の中
講座を進めれました。

親御さんが子供さんにできる趣旨の講座でしたがエステティシャンの方や医療従事者、幼児教育関連の方など幅広くそれもまたおもしろかったです。

その場に浸かっていたら講習の様子を写真に撮ることも忘れていたので
最後の参加者の方にみてもらった写真を載せておきます。


少し変わった見方ですがこれは上下逆です。
これもクラニオセイクラルセラピーです。
受けている子供さんの頭が下向きですがとても穏やかに眠っています。
クラニオセイクラルセラピーのエッセンスのような瞬間で大好きな写真ですので芦屋院に置いてあります。



京都、神戸で数名今回参加できなった方がおられるのでまた希望者はご連絡ください。
人数が集まり次第開催したいと思います。

希望者リストに入れますのでホームページの予約フォームから連絡ください。

イースガーデン 横森

10月6日木曜日 芦屋院にて家庭でする簡単なクラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)
の講座を開きます。
若干名空きがありますので興味がある方がこちらまでご連絡ください。

このクラニオセイクラルセラピーは触れる程度の圧力で体の深い部分へとアプローチする療法になります。
成長期の子供さんへ、年配の方の体にでる特有の症状、アスリートなど運動を激しくされる方
などに適用しています。

今回の簡易講座では
解剖学や生理学など専門的な知識を省いていくつか簡単なものを紹介し安全なアプローチを身につけます。
ご家庭で子供さんやご家族に対してやってみたいと思われる方
クラニオセイクラルセラピーってどんなんだろうと興味がある方
などご参加ください。

連絡先 イースガーデン 横森まで
ease.gdnアットマークgmail.com (迷惑メール防止のためアットマークは@に変換してください)
075-221-7704

11時〜14時半まで
参加費7000円

持ち物 動きやすい格好と飲み物



ばたばたしており気がつけば月末ですが
すでに来られている方にはお伝えしておりますが芦屋院の移転します。


5月から新規の方も新住所となりますのでよろしくお願いします。
芦屋市西山町2−4となります。
予約の電話番号、メールはいままで通りです。

こちらでも当院での整体らしい時間、空間にしたいと思います。






整体にこれらる方の中での主訴としてある慢性疲労、
だるさや疲れがとれないなどの症状

理由はいろいろでしょうがその中に目の負担からの影響というものがあります。

テレビ、スマートフォン、ゲーム機器などのデジタル機器の低年齢からの使用はかなり
これから成長する世代の体の性質に影響を与えるものと思われます。

これらは脳を含め成長しつつある身体に十分すぎる刺激を与えれます。

最近一般的にも知られているブルーライトという光の影響
せめて使うとき時はそれらにたいしての負担を減らす使い方を身につけておいたほうがよいと思います。


スマートフォン、ゲーム機器でしたら画面に軽減するフィルムをはりメガネもそれ用のをつけて使用する。

子供さん、女性は特に夜9時以降は使用を控える。

長時間使った後は目を温めて偏った疲労を抜く。



50年前の生活でしたら無いような疲労の入り方が今の生活では生まれてすぐの生活環境でさらされるストレスをどうのように対処していくかはこれからの身体の健康観には必要かと思います。



新年明けましておめでとうございます。
日々の整体を今年も綱げていきます。




イースガーデン 横森

なかなか更新できず
一年のくぎりで動いてない感じがありまだ年末が実感できないのですがいつのまにか年の瀬になりました。

本日から3日まで休院となります。
よろしくお願いします。

今年もよい出会いがたくさんあり来年も楽しみでいます。


イースガーデン 横森





プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]