京都 八百屋の上の整体ノート 神戸 印度屋の上の整体ノート 妊娠中のつわり 忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
[166] [165] [164] [163] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155]
 普段から定期的にみているかたが先日 妊娠されたのですがつわりがひどい状態で困っているとのこと

整体ではつわりは血液を主に体の浄化といわれています

事実 この方は喘息で通われていたかたで呼吸器系統が弱っていたのですが、つわりで吐きっぱなしの状

態のおかげで今日みると 皮膚の血色や透明度 つやが見違えてよくなっていた

それを指摘するとご本人も気づいていたようです

そして妊娠してから喘息の症状もなくなっている状態とのこと

次の生命に繋ぐという一番大きな生命プロセスの為に 体 全体が総動員して体の浄化を行なっています

吐く事自体 つわり自体 浄化自体が体に負担かかることには違いないのですが出したい時に出しき

ることもすごく大切です



二週間近くつづいているのでつわりに対する骨盤の調整をしましたが つわり自体は必要があっての

ことで経過をうまくすると喘息の状態もがらりと変わります

整体操法もそうですがそのときそのときの体の条件の中で、最上の選択を体がしているようにも感じ

ます

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
たまにですが、ブログ拝見させてもらっています。
いつも思うんですが、人間の身体って本当に不思議ですね。ブログでもおっっしゃってたようにそのときそのときの身体の条件で必要な選択、最上の選択をしているんですから。つわりがあるのもそういうことなのかあと感心してしまいました。生命の仕組み偉大さを感じますね。すべての事象は必要なことだからその身に起こるのだと思わざるをえません。
また勉強になった感じです。

SEKI 2010/06/28(Mon)02:29:13 編集
コメントありがとうござました
sekiさん コメントありがとうござました
そう思います
日常では潜在的で、スケールが大きく気づきにくいものですが いざそうなると 淡々と心体はその過程をこなしていく 
生命としての役割を自分が備えていると感じるとき理にかなった生きかたができるように感じます
【2010/06/28 22:32】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]