京都 八百屋の上の整体ノート 神戸 印度屋の上の整体ノート 症例 開胸手術の影響 忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
[238] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

40代女性 
心房中隔欠損(しんぼうちゅうかくけっそん)という症状で
心臓の弁に異常があり開胸手術をして
体温調整がむずかしい 汗をかきっぱなしになる 右半身のむくみ
足と腕のだるさ アレルギー シックハウス等 敏感な体質といろんな症状があるとのこと

整体的な見立てとして腹部の調整 胸椎上部の調整を主に施術をしました
打撲(手術の衝撃)の調整も含め

二週間ー三週間間隔での三回整体をした後の状態はむくみ だるさの軽減 仰向けで寝ていると
背中の高さが違うため苦しかったのが楽に寝れるになったそうです
初回に腹部を触診したときの硬直は5割方軽減しており腹部の状態も臓器そのものの動きもよくなりおおきく変わっていました
ご本人もわかっていたのですが下半身の体型の変化が結果として一番わかりやすく出ていました


手術前の状態を把握していない中でもそれぞれの調整から変化が捉えれるのでおおまかにどこから起因したものかわかったりします

車の事故での衝撃の後 むち打ちになるよう 手術の後でも体には衝撃が残ります
できることなら術後 その状態に見合った調整をなるべく早くすると体の負担が軽減し、より自然な経過になります


医原性疾患
という言葉があります 医療行為が原因で生ずる疾患のことを意味します
1つの疾患をよくする為にした行為が結果 体の残りの99にマイナスに影響しることもありえるのではないでしょうか

そのような概念はあまり現代医学では少なく そこにも整体的な役割を感じます

参照 http://ja.wikipedia.org/wiki/心房中隔欠損
           http://ja.wikipedia.org/wiki/医原病

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]