京都 八百屋の上の整体ノート 神戸 印度屋の上の整体ノート 花粉症と花粉の質 忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花粉症の季節になりました

花粉症の自覚がなかったのですがこないだ不思議なことがおこりました

四条の街中のデパ地下にいったら目がうるうるしてきてくしゃみを連発した

しだいに鼻水がだらだらでてきて1時間ほど止まらなくなりました

花粉症反応がでるポイントを触ってみるとガチガチに硬くなってた

整体的にアトピーや花粉症などのアレルギー系は内因(内側からの原因)と外因(外側からの原因)

のふたつが引き起こすと考えます

これは外因の要素が引き起こしたと考えます 

西洋医学の見方では花粉症は





 花粉の量が多くなり、それに対し対抗できなくなって拒絶反応を体がおこした状態ということです

花粉を飛ばす樹の量が増え、コンクリートがおおくなり土に吸収されなくなったとニュースなんかでもよ

く聞きますよね

でも質のことには一言も触れていない

ここでいう外的要因とは花粉そのものではなく劣化した花粉と見ます

清流の水は飲める 下流の滞った所の水を飲んだら腹を下す 同じ原理だと思います

水、植物など生物は滞ると酸化などで腐敗したり物質が変化する

花粉ももちろん生き物 

飛び散って土に吸収されないで密室に近い所に長い間たまってたら腐ったりカビに近いものが繁殖し

ても不思議でもない

整体の対応としては上半身にある花粉症のポイントを循環させることで即効的によくなる

アレルギー反応が起きないような体の状態にもってきます

カラダの内側でも外側でもやはり循環させることが大切と改めて思いました





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]