忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
 抜歯後の顎関節症のかたのはなしついでに 歯をぬくことについて

これはいろいろなマイナス的影響を人体にあたえます

歯医者ではわりと普通に親知らずなどや虫歯で抜歯をすすめる

噛み合わせ バランス これを考えると抜いたほうがよい と説明します 一理あると思います が

骨をけずって バランスを保つ images.jpeg

筋肉をそいで バランスを保つ あまりにも不完全な発想だとおもいます

一言にバランスといっても重力に対する空間バランス意外にもたくさん人体にはバランスがあるのではないでしょうか?

例えば







 *****
 ホルモンバランス 神経のバランス 知覚のバランス 

親知らず 知恵歯が 噛み合わせがないから不必要なもの と説明しますが 不必要なものに神経が

通っているわけがなく 

発想を変えて 固有知覚を顔に確保する為に意図的に体が親知らずを生み出している など考えられるは

ずです

固有知覚について→hone.ninpou.jp/sports/proprio.htm 歯に繋がる神経にも固有知覚があり これの

一つの働きに関節部の位置を把握する という役割がある つまりこの神経がある事自体がバランス

を保つひとつに役割となっていることを意味します

また 固有知覚は自律神経の切り替えスイッチとしても知られている

顎関節症と不眠症 うつ病のひとが多いこと これらも当然関係してきます 抜歯で得るものもあるのでしょうが失うものが相当大きいとおもいます

結論としては抜歯というのは緊急性(虫歯が神経まできて痛みがひどいなど)のとき意外はさけるほうがよいとおもいます

最近 アメリカで胃がんになるリスクの高い人がはじめから胃を切除するよう勧められるといういう
 のを記事でみました

 歯並びや噛み合わせに後々影響するから親知らずは抜いた方がいいよ という発想が似ていて

本末転倒な気がします

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119]
プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone