京都 八百屋の上の整体ノート 神戸 印度屋の上の整体ノート 春に向けて 2月半ばの体調変化  忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
[133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123]
丁度 今の時期 旧暦の正月をすぎてしばらく経った頃から体が一年のうちでひときわ 定期的に整体に

来られているかたが目に見える変化をみせてくれます

表面上は体調がよくなる 悪くなるなど色々ですが 

この違いはおそらく短いスパンでは、その前の秋から冬のすごした状態のあらわれのようにも見えます

特にこの時期になんらかの不調がひどくなったと感じたりしてもあまり この時期のせいだとか

いやがらず 体がうごめいているんだと感じてください

春にふきのとう つくし 菜の花などの苦みがつよい食べ物 解毒作用があるものを食べる風習があ

ることを考えても この時期は冬の動きがすくない停滞した体の流れを外にだそうとする作用がよく

働く 






 ルービックキューブのようにランダムに動かしているように見えても 面がそろう人がいたり 一向

にそろわない人がいたり

違いはその先のビジョンを見据えているか否か だと思います

今 整えていくことが夏につながり それが 秋につながり 冬につながり と循環していく

いい体の状態 そのビジョンの見方が整体だったり おばあちゃんの知恵のような民間療法だったりします

整体を介して季節をみると 体をみると 感情をみると 食べ物をみると 

まったくちがった世界観 結果 がみえたりします

ルービックキューブにしても季節の経過の仕方にしても 大切なのはテキストではなく自分自身の感

覚です
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]