京都 八百屋の上の整体ノート 神戸 印度屋の上の整体ノート  吐くこと × わかりやすい整体の理論  忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
[127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117]
具合が悪くなり吐きたくなり 背中を摩ってもらうと吐き気が促され 戻す

今の時代でも大抵の人は吐きたがっている人を促す時、背中をさすることを自然にします

ベースにしている呼吸整体の考えはこれの延長上です

背中をさするのに力はいらない 力をいれてさすってももっと量がでるわけでもない

タイミングについても吐きたくもない人に摩っても吐かない

本人がそういう状態でないとする意味がなかったりします 

いろんな部位をさする必要もなく背中だけをやさしくなでるようにさすれば吐く

逆にいろんな部位をさすると具合がわるい人にとっては負担になる

具合悪さや痛みは心体がどう行きたいか教えてくれているということです

必要な時期に必要なものを必要なところに。 

呼吸整体も同じです



強引にぐいぐいはリスクも負担もある

劇薬を飲んだら緊急を要するから背中を摩るよりのどに指を入れて促した方が適しているように

体の状況でも緊急を要するケースはたくさんあるし 負担がかかっても

やり方を変えることもありますが

しっかり状態を読み取り把握すると軽く手を添えるだけで十分だったりします

当院でも使う、野口整体の愉気というものがありますがこれはそれを地でいくやり方です





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]