京都 八百屋の上の整体ノート 神戸 印度屋の上の整体ノート 整体から見た噛み合わせ 咬合について 忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
[88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日も一方 噛み合わせの調整を重点に見たケースがあった

噛み合わせについてよく聞く 噛み合わせが悪いと姿勢が悪くなったり 悪影響がある

特に歯医者さん 歯科医院のサイトで噛み合わせに力を入れているとこだとみかけます

歯をさしていじらずとも整体の調整で噛み合わせが変わることを考えると

歯の高低差 左右のずれなどは固定されているものだけではなく歯やそれに付随する組織は微妙に絶妙に

動いて、歯そのもののレベルでもバランス調整をしていると感じる

歯茎という筋肉と歯という骨

(背骨も頭蓋骨そうですが20本以上もある歯が1まとまりでなくひとつひとつばらばらである意味

はそこに固有の意味があり 動きが存在するととらえた方が納得がいく)

顎の付け根(耳のあたり)にはバランスを取る機能が備わっている 

(腰にもあるし 膝にも足首にも手にもあるが五感を感じ取る中枢の顔にあるバランサーが内蔵を守

り体の真ん中にある腰の2点がメインとなる)

 ここで強調しているバランサーとしての顎 

バランスをとるということは体があっちこっちに重心があってもそれを統合する為にまとめる役目を持つ

下の歯は顎についている物 歯も動く 


大切なのは両方からみる視点 どちらからもアプローチはできる

歯と咬合が呼吸整体にとってどんどん深化する要素となりつつある
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]