京都 八百屋の上の整体ノート 神戸 印度屋の上の整体ノート 症例写真 噛み合わせ×歯並び 忍者ブログ
京都市中京区+芦屋市の呼吸整体院イースガーデンのメモ こだわり野菜屋の上で体のことを中心に書いてます
[308] [307] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


左 施術前                       右 施術後 (数ヶ月後)

歯医者には行っていたが歯の接地面が奥歯でしか噛めず、噛み合わせがおかしいので整体でみてもらいたいと来られました
(施術前では歯が見える範囲はほぼ浮いているので空間ができています)


小学生の頃から中学生の頃まで歯科矯正をしていたそうです
その為上の歯列弓、下の歯列弓(歯並び)自体はものすごくきれいなアーチを描き 左右対称の
状態でした

でもこちらにこられた時は噛むと奥歯でしか上と下の歯があたることがなく他の部分では
上下の歯があたらず特に左のほうの前歯から三本が浮いているようで気持ちわるいとのこと
歯科用語でオープンバイトと呼ばれるものとも言えます

写真をみてもわかりますが始めの写真では下あごが左へ引っ張られ 上あごは右へとずれ込んでいます
それに合わせて唇や頬の筋肉がアンバランスな為非対称がおおきく、ひきつれやしわが目立ちます
また左前歯から犬歯、小臼歯にかけてすきまがあり歯が噛み合っていないことがわかります

鼻のライン、ほお骨の下のラインを水平で見ると右が上になっているのがわかります
これはただ単に歯並びの問題だけでなく上あご、隣り合う頬の骨それに隣り合う前頭骨、、、
と頭部全体の問題として見ていく必要性があります
(頭の骨はいくつものピースにより合わさってできています)
つまり 歯科矯正などで歯だけ治療しても噛み合わせ、上の顎と下の顎の関係を改善できないケースがある理由はここにあります

現段階ではまだ右犬歯あたりが浮いているかんは少しあるがぜんぜん前歯(犬歯)が噛み合わせることでできる
噛むのに迷いがないと言っていました

ぐいぐい引っ張ったり押し込んだりなどはしません
このケースのように大人でも
より体に負担をかけずに歯並びによりよい方向性をつけたいような方は可能性はありますので
一度来られることをすすめます


当院での噛み合わせの整体であり整体一般で同じことをしているわけではありません

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
yokomori
性別:
男性
職業:
整体師 クラニオセイクラルセラピスト bare artisan
自己紹介:
いままでの横たわって施術する整体という枠にとらわれない
本来の整体はそれ以上の叡智がつまってます
心体は奥行きがあります 整体院の外の日常生活でこそ整った体でいる それが整体院の意味だと思っています
ご案内
呼吸整体院イースガーデン     ease garden         京都院     京都市中京区竹屋町通り柳馬場西入和久屋町112 4F            神戸院             芦屋市東山町14−12   ℡ 075-221-7704
予約制             定休日 火曜日       受付時間 9時-21時
ブログ内検索
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]